競艇予想の格言「久々の優出は優勝せず」

開催初日から舟券を買い、同開催の終盤戦まで予想を続けていると、モーターの変化やレーサーの調子など見えてくるものが増えてきます。

優勝戦までの過程を知っていると競艇予想のうえでアドバンテージをとれることもあります。

このような見方でボートレースを楽しんでいると、ある似たような特徴を持つ選手が見つかったりします。

どんな選手でしょうか?

久しぶりの優勝戦出場となる選手

コンマ1秒を切る好スタート連発で予選・準優戦と通過してきたレーサーでも、最終局面の優勝戦では急に抑えたスタートで走ることがあります。

そういった選手は特にベテラン組が多いのですが、理由は賞金による影響かと思われます。

当然、優勝戦になると一般レースに比べて賞金がアップしますよね。

さらに完走をすることで高額なギャラを獲得でき、フライングは無償となるため、結果に雲泥の差がでます。

どの選手にとっても優勝を手にすることが目標なわけですが、心理的には無事完走を優先してしまうのかもしれません。

優勝戦の予想に参考として使える

優勝戦出場となったときに賞金を下から見ている事もあった、という選手もいるようです。

要するに「勝てば賞金〇〇〇円が手に入る」と考えるのではなく、無事完走が最重要で着順があがれば賞金が増えると見るわけです。

これではモチベーションや気合いの面で他選手に一歩劣ります。

競艇予想の注意点「久々の優出は優勝せず」というフレーズは、「賞金で人格も変わる」という格言に似ていますね。

優勝戦予想の参考に使える格言です。