競艇予想の消去法「B2降格ラインの選手を買うな」

過去、「期末のF2本持ちは好スタート」と言われ穴狙いのボートレースファンから人気を集める条件がありました。

期末というのは、級別審査の対象となる期間が終る頃を指し、その時期にフライング2回やらかしてる選手が好スタートを決める、というような意味です。

G1優勝を果たしたレーサーもいたことから、穴をあける何かしらの要素が重なって起こるのかもしれません。

ところが今では状況が変わり、期末のフライング2本持ちは安全なレース運びを意識します。

選手会の規定はレーサー心理と競艇予想に影響

最近のレーサーは事故率を恐れ安全スタートで抑え気味。

これは向上化規定に縛られているとの声もあります。

まず事故率が0.70を超えると、それまでの勝率は度外視となりB2級に落ちます。

月間の稼働日が減り、選手の収入に大きく響きます。

さらに2年間とおしてみた事故率が0.70以上になった場合、退会勧告によりレーサー失格です。

当たり前ですが引退へ追い込まれる事は絶対に避けるため、無理な勝負を仕掛けるレーサーは減りますよね。

これも競艇予想に重要なポイントとなります。

このような今のトレンドを格言にすると、「B2降格ラインの選手を買うな」になるわけですね。

B2降格ラインが出場するレースを予想する

競艇予想に消去法を多様するならこの格言も一考の価値ありです。

一般戦に手をだすとき、取れそうなレースや荒れそうなレースを探すかと思いますが、B2降格ラインの選手がいるかいないか見るのも良さそうですね。

主に1Rか2Rになるとは思いますが。。

期末の特徴を見る手法として見れば、開催中の得点率を追っていくのに少し似ていますね。